「黒涙」月村了衛著

公開日: 更新日:

 現役大臣の病気という国家機密が中国政府に漏洩していたという失態を受け、警視庁公安部は対中国防諜作戦を目的とする特別チームを編成。警視庁組織対策部第2課の沢渡警部補も、中国語が堪能なことを買われチームに参加する。しかし彼は、中国黒社会の義水盟の幹部・沈と兄弟の契りを交わし内部情報を流す「黒色分子」だった。

 今回、公安が対象にする天老会は義水盟と敵対関係にあることから、沈もインドネシアの青年実業家ラウタンを沢渡の元へ送り込んで、公安の作戦を裏から支援する。ラウタンの活躍で作戦は順調に進んでいくかに見えたが、彼の前に謎の美女、シンシア・ユンが現れる。ラウタンは罠と知りつつもユンに近づいていくが、彼女には底知れぬ闇が潜んでおり、その深い闇へ引きずり込まれていく……。

 日本の警察小説には珍しく、中国、東南アジアの裏社会を背景に、熾烈な諜報活動を描くグローバルな視点の作品。沢渡が黒色分子になる経緯を描いた「黒警」の続編。(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る