「千住の夜討」喜安幸夫著

公開日:

 天保8(1837)年文月、両国米沢町一丁目の木戸番人の杢之助は、瓦版でかつて暮らしていた四ツ谷左門町の質屋が盗賊に襲われたことを知る。小屋の前を通り掛かった飾り職人の庄三郎の手にも同じ瓦版があった。話しかけた杢之助は、庄三郎の挙動がおかしいことに気づく。裏店に住む顔なじみのお糸に探らせると、庄三郎の妻・お里の話から、数日前に叔父と名乗る男が訪ねてきてから様子がおかしいという。杢之助は、庄三郎の叔父と名乗る男が両国広小路で興行を始めた操り人形一座の座員だと突き止める。その一座こそ左門町の質屋を襲った盗賊だった。

 訳ありの木戸番人・杢之助が活躍する人気時代小説「大江戸木戸番始末」シリーズ第3弾。(光文社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る