「千住の夜討」喜安幸夫著

公開日:

 天保8(1837)年文月、両国米沢町一丁目の木戸番人の杢之助は、瓦版でかつて暮らしていた四ツ谷左門町の質屋が盗賊に襲われたことを知る。小屋の前を通り掛かった飾り職人の庄三郎の手にも同じ瓦版があった。話しかけた杢之助は、庄三郎の挙動がおかしいことに気づく。裏店に住む顔なじみのお糸に探らせると、庄三郎の妻・お里の話から、数日前に叔父と名乗る男が訪ねてきてから様子がおかしいという。杢之助は、庄三郎の叔父と名乗る男が両国広小路で興行を始めた操り人形一座の座員だと突き止める。その一座こそ左門町の質屋を襲った盗賊だった。

 訳ありの木戸番人・杢之助が活躍する人気時代小説「大江戸木戸番始末」シリーズ第3弾。(光文社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る