「身近な人ががんになったときに役立つ知識76」内野三菜子著

公開日:  更新日:

 がんに関する情報は、今や新聞やテレビやネットなどにあふれている。しかし、だからこそ、いざそれが身近な問題になったとき、必要な情報を選別するのが難しくなっている。診断が下った途端、病院はどう選ぶか、治療法の選択、お金や保険の問題、仕事はどうするか、公的申請など、急いで判断しなければならないことは膨大に増える。さらに、日々進歩しているがん医療の状況を知り、がんに関する新しくできた法律にまで目を配るのは至難の業だ。

 本書は、がん当事者やその家族が活用したい情報を、がん治療の認定医がQ&A方式でまとめたもの。特に最近のがんを巡る有益情報を盛り込んでおり、たとえば2016年4月スタートの「患者申出療養」という制度についても解説している。これは、先進医療から外された治療を継続したい場合などに活用できるのが特徴で、保険負担で治療したい人への救済策になる可能性が高いのだとか。ぜひ最新情報をチェックしてみよう。(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る