「視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ」深作秀春著

公開日:

 著者は若い頃に渡米して本場の眼科治療を学び、海外でのコネクションを保ちつつ白内障や緑内障、網膜剥離などの眼科手術にまい進している眼科専門医。これまで15万件以上の眼科手術を行ったという。

 そのスーパードクターが、平均的な日本の眼科治療が世界と比べてどれだけ遅れ、非常識がまかり通っているかを説明している。

 日本の網膜剥離治療で行われている手術によりどんな不具合が起きているのか、「目の体操」などの健康法が何をもたらすのかなど、目からウロコの話が満載。目の手術を検討している人には必読の書だ。(光文社新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る