• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ」深作秀春著

 著者は若い頃に渡米して本場の眼科治療を学び、海外でのコネクションを保ちつつ白内障や緑内障、網膜剥離などの眼科手術にまい進している眼科専門医。これまで15万件以上の眼科手術を行ったという。

 そのスーパードクターが、平均的な日本の眼科治療が世界と比べてどれだけ遅れ、非常識がまかり通っているかを説明している。

 日本の網膜剥離治療で行われている手術によりどんな不具合が起きているのか、「目の体操」などの健康法が何をもたらすのかなど、目からウロコの話が満載。目の手術を検討している人には必読の書だ。(光文社新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

もっと見る