「視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ」深作秀春著

公開日:

 著者は若い頃に渡米して本場の眼科治療を学び、海外でのコネクションを保ちつつ白内障や緑内障、網膜剥離などの眼科手術にまい進している眼科専門医。これまで15万件以上の眼科手術を行ったという。

 そのスーパードクターが、平均的な日本の眼科治療が世界と比べてどれだけ遅れ、非常識がまかり通っているかを説明している。

 日本の網膜剥離治療で行われている手術によりどんな不具合が起きているのか、「目の体操」などの健康法が何をもたらすのかなど、目からウロコの話が満載。目の手術を検討している人には必読の書だ。(光文社新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る