• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テレビでは言えない 大相撲観戦の極意」舞の海秀平著

 元人気力士で、解説者として活躍する著者が、現役時代のエピソードを交えながら、大相撲の観戦のポイントや、その知られざる舞台裏を語った相撲本。

 後に横綱となる白鵬に期待した宮城野親方は、当初、彼のしこ名を大鵬と柏戸の両横綱から1字をもらい「柏鵬」とするはずだった。だが、入門当時は62キロしかない細身で、荷が重すぎると判断し、肌の白さから白鵬に変更したという。

 そんなしこ名にまつわるさまざまな話題から、身長が合格基準に満たず、頭にシリコーンを入れたという逸話を持つ本人が語る小兵力士の魅力と技、43ある相撲部屋の特色など。読めば「相撲通」に近づける一歩踏み込んだ解説書。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る