• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二つの首相暗殺計画」西村京太郎著

 看護師の明日香が転落死。恋人の大西も服毒死体で見つかる。状況から2人とも自殺と思われたが、十津川は部屋に残された明日香の遺書に不審を抱き、捜査を続ける。明日香が勤務していた病院には、首相の海路が入院中で、首相代行を務める後藤副総理が日参していた。

 明日香が「仕事が怖くなった」と辞表を提出していたことが分かる。十津川は海路の病室の担当だった明日香が、海路と後藤の聞いてはいけない話を耳にしてしまって殺されたのではないかと疑う。調べが進む中、十津川は明日香の父親・勇夫の祖父で特高警察に勤めていた勇三が、戦時中に時の首相・東条英機の暗殺計画に加わっていたことを知る。

 大人気ミステリー「十津川警部」シリーズ最新刊。(実業之日本社 870円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る