「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」佐々涼子著

公開日: 更新日:

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた日本製紙石巻工場の再生のドラマを追ったルポルタージュ。

 世界屈指の規模を誇る同工場に流れ込んだ津波は高さ4メートルに達し、場内には流されてきた民家や乗用車が散乱。従業員の多くは工場の閉鎖を覚悟した。しかし、震災前、年間100万トンもの紙を生産し続けてきた同工場の機能停止は、日本の出版に危機をもたらす。工場長の倉田は、1台でいいから半年で復旧させると宣言。当初は最新鋭機から復旧させる予定だったが、出版業界が待ち望む高度な専門性を持った「8号抄紙機」を最優先させることに。被災者として、そして家庭人として日々を戦いながら、奇跡の復旧を成し遂げた一人一人の戦いを描く感動の力作。(早川書房740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  8. 8

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る