• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」佐々涼子著

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた日本製紙石巻工場の再生のドラマを追ったルポルタージュ。

 世界屈指の規模を誇る同工場に流れ込んだ津波は高さ4メートルに達し、場内には流されてきた民家や乗用車が散乱。従業員の多くは工場の閉鎖を覚悟した。しかし、震災前、年間100万トンもの紙を生産し続けてきた同工場の機能停止は、日本の出版に危機をもたらす。工場長の倉田は、1台でいいから半年で復旧させると宣言。当初は最新鋭機から復旧させる予定だったが、出版業界が待ち望む高度な専門性を持った「8号抄紙機」を最優先させることに。被災者として、そして家庭人として日々を戦いながら、奇跡の復旧を成し遂げた一人一人の戦いを描く感動の力作。(早川書房740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る