• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“暴れん坊大統領”率いるフィリピン その可能性は?

「フィリピン」井出穣治著

 今世紀に入ってめざましい経済成長路線を軌道に乗せたフィリピン。現地の政治経済状況に詳しい日銀マンである著者によれば、その秘訣はサービス業と個人消費が主軸となる独自の経済モデルの確立にあるという。

 90年代以降、グローバル化による人の流れが活発化し、英語を自由に操る国民の多いフィリピン人労働者は国内外にまたがって種々の分野で活躍するようになった。またIT化にも国策として熱心に取り組んだ結果、フィリピン国内にいながらアメリカの小売店のコールセンター業務を務めるなどの例が当たり前になったのだ。

 他方、最近話題のドゥテルテ政権については強権政治が国民の熱狂的な支持を得ている理由から、それがうまくいかなかったときに起こるであろうリスクの分析まで含めて詳しく解説している。長くアメリカの実質的支配下に置かれてきた国民のアイデンティティーの成り立ちもよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る