“暴れん坊大統領”率いるフィリピン その可能性は?

公開日:  更新日:

「フィリピン」井出穣治著

 今世紀に入ってめざましい経済成長路線を軌道に乗せたフィリピン。現地の政治経済状況に詳しい日銀マンである著者によれば、その秘訣はサービス業と個人消費が主軸となる独自の経済モデルの確立にあるという。

 90年代以降、グローバル化による人の流れが活発化し、英語を自由に操る国民の多いフィリピン人労働者は国内外にまたがって種々の分野で活躍するようになった。またIT化にも国策として熱心に取り組んだ結果、フィリピン国内にいながらアメリカの小売店のコールセンター業務を務めるなどの例が当たり前になったのだ。

 他方、最近話題のドゥテルテ政権については強権政治が国民の熱狂的な支持を得ている理由から、それがうまくいかなかったときに起こるであろうリスクの分析まで含めて詳しく解説している。長くアメリカの実質的支配下に置かれてきた国民のアイデンティティーの成り立ちもよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る