「現代の名演奏家50 クラシック音楽の天才・奇才・異才」中川右介著

公開日:

 クラシック音楽の演奏家たちのエピソードを紹介しながら、その交遊録を描く音楽エッセー。

 冷戦中の1973年、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督としてソ連ツアーに出かけた小澤征爾は、反体制のレッテルを貼られ、当局に演奏の機会を奪われていた友人のチェリスト、ロストロポーヴィチとの共演を条件に提示。

 一方のロストロポーヴィチも95年、確執を抱え長らく共演していなかった小澤とNHK交響楽団の仲を仲介する。

 そうした両氏の友情をはじめ、帝王カラヤンに「真の天才」と認められ14歳でデビューしたバイオリニスト、アンネ・ゾフィー・ムターなど、170人もの音楽家たちが織りなす50の物語を収録。(幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る