「アリガト謝謝」木下諄一氏

公開日: 更新日:

 東日本大震災から1カ月後の11年4月11日。日本政府は時の首相のメッセージとして、米、英、ロシア、中国などの有力紙に感謝広告を掲載した。しかし、どの国より桁違いの高額の義援金200億円を送ってくれた台湾の新聞には、なぜか広告を出さなかった。

 本書は、この事実に疑問を感じ、有志で寄付を募り感謝広告を出した日本人たち、そして被災者に寄付してくれた台湾人たち、合わせて30~40人への取材をもとに、日台の知られざる交流を描いた短編連作小説だ。

「人口たった2300万人の台湾人が、なぜ日本のために200億円もの寄付金を集めることができたのか、台湾ってどんなところかを、東北の被災地の人たちが知りたがっている、と13年秋に耳にしたのが執筆のきっかけです。それで、寄付の事例を紹介しつつ、台湾を知ってもらう本を書こうと取材を始めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る