• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「税金亡命」佐藤弘幸著

 近年、悪質な脱税者の数が増加の一途をたどり、その手口も複雑化しているという。また脱税スキームを入れ知恵する税理士や国税OBも存在し、国税庁も頭の痛いところ。本書は、アジア屈指のタックスヘイブン・香港を舞台に、事業家、国税OB、国税の3者の熾烈な戦いを描いた経済小説。

 産廃業と不動産業の2つの会社を経営する木戸は、自社ビルの売買で10億円の利益を得た。まともに申告すると3億円を税金にもっていかれてしまう。そこで木戸は、国税OBの税理士2人を抱えるMAC税理士法人に相談し、脱税スキームの指南を依頼する。MAC代表の松嶋は自らがオーナーである現地法人をうまく使って、木戸の利益を隠してしまう。こうした動きに不審を覚えたのが、東京国税局の統括国税実査官(情報担当)、通称「情報トージツ」の高松。高松の執拗な追及に木戸、松嶋はさらなる対抗策を施していく……。

 著者は本書の主役たる情報トージツ出身。出身者ならではのリアルな細部が読みどころ。(ダイヤモンド社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る