「税金亡命」佐藤弘幸著

公開日: 更新日:

 近年、悪質な脱税者の数が増加の一途をたどり、その手口も複雑化しているという。また脱税スキームを入れ知恵する税理士や国税OBも存在し、国税庁も頭の痛いところ。本書は、アジア屈指のタックスヘイブン・香港を舞台に、事業家、国税OB、国税の3者の熾烈な戦いを描いた経済小説。

 産廃業と不動産業の2つの会社を経営する木戸は、自社ビルの売買で10億円の利益を得た。まともに申告すると3億円を税金にもっていかれてしまう。そこで木戸は、国税OBの税理士2人を抱えるMAC税理士法人に相談し、脱税スキームの指南を依頼する。MAC代表の松嶋は自らがオーナーである現地法人をうまく使って、木戸の利益を隠してしまう。こうした動きに不審を覚えたのが、東京国税局の統括国税実査官(情報担当)、通称「情報トージツ」の高松。高松の執拗な追及に木戸、松嶋はさらなる対抗策を施していく……。

 著者は本書の主役たる情報トージツ出身。出身者ならではのリアルな細部が読みどころ。(ダイヤモンド社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る

人気キーワード