「ローカルブックストアである福岡ブックス キューブリック」大井実著

公開日: 更新日:

 福岡市のけやき通りにある小さな総合書店「ブックス キューブリック」は特色ある店づくりで、本好きには有名な書店。本書は、小さな書店が次々と閉店する時代に地方で書店を立ち上げた著者による本屋起業顛末記。本を媒体としたコミュニティーづくりへと発展していった経験をもとに、これからの本屋の可能性を探っていく。

 開業は2001年。地方には大型書店の出店が相次いでいたが、著者は15坪という狭さを逆に武器にしようと考えた。品揃えの豊富な大型店になればなるほど、客はすべての売り場をチェックするのが難しいからだ。

 配本に頼らずに、本好きの大人向けに自分が選書した本だけを置くことをモットーに始めた本屋は評判を呼び、やがてブックフェスティバルや著者を呼んでのトークイベントの開催、カフェやパン屋の開設へとつながっていく。ローカルだからこそ、小さい本屋だからこその戦略が面白い。

 いますぐ福岡に足を運びたくなること請け合いだ。(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る