• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ローカルブックストアである福岡ブックス キューブリック」大井実著

 福岡市のけやき通りにある小さな総合書店「ブックス キューブリック」は特色ある店づくりで、本好きには有名な書店。本書は、小さな書店が次々と閉店する時代に地方で書店を立ち上げた著者による本屋起業顛末記。本を媒体としたコミュニティーづくりへと発展していった経験をもとに、これからの本屋の可能性を探っていく。

 開業は2001年。地方には大型書店の出店が相次いでいたが、著者は15坪という狭さを逆に武器にしようと考えた。品揃えの豊富な大型店になればなるほど、客はすべての売り場をチェックするのが難しいからだ。

 配本に頼らずに、本好きの大人向けに自分が選書した本だけを置くことをモットーに始めた本屋は評判を呼び、やがてブックフェスティバルや著者を呼んでのトークイベントの開催、カフェやパン屋の開設へとつながっていく。ローカルだからこそ、小さい本屋だからこその戦略が面白い。

 いますぐ福岡に足を運びたくなること請け合いだ。(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る