「ローカルブックストアである福岡ブックス キューブリック」大井実著

公開日: 更新日:

 福岡市のけやき通りにある小さな総合書店「ブックス キューブリック」は特色ある店づくりで、本好きには有名な書店。本書は、小さな書店が次々と閉店する時代に地方で書店を立ち上げた著者による本屋起業顛末記。本を媒体としたコミュニティーづくりへと発展していった経験をもとに、これからの本屋の可能性を探っていく。

 開業は2001年。地方には大型書店の出店が相次いでいたが、著者は15坪という狭さを逆に武器にしようと考えた。品揃えの豊富な大型店になればなるほど、客はすべての売り場をチェックするのが難しいからだ。

 配本に頼らずに、本好きの大人向けに自分が選書した本だけを置くことをモットーに始めた本屋は評判を呼び、やがてブックフェスティバルや著者を呼んでのトークイベントの開催、カフェやパン屋の開設へとつながっていく。ローカルだからこそ、小さい本屋だからこその戦略が面白い。

 いますぐ福岡に足を運びたくなること請け合いだ。(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る