「相続した田舎の困った不動産の問題解決します」渋谷幸英著

公開日: 更新日:

 何かと揉めるもとになる相続。なかでも田舎の不動産や山林などの土地は厄介だという。

 都内でレストランを営んでいたAさんはバブルの頃に田舎の土地を農地転用の許可を得て購入し、固定資産税を毎年払い続けていた。ところがいざ処分しようとすると、登記簿上の地目は「畑」のままだった。購入した際に地目変更の手続きをしていなかったため、農家しか買うことができない土地としてAさんは持て余すことに……。

 ほかにも「相続した土地を他人が勝手に駐車場として使っていた」「売ろうと思ったら家が建たない土地になっていた」など、よくあるトラブルから「きちんと売ってくれる不動産屋の見つけ方」「田舎の山林の売り方」まで、田舎の不動産特有の問題を豊富な事例とともに解説。

 田舎の不動産を売買したい人必読の一冊だ。(雷鳥社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る