「手術数でわかる いい病院2017」

公開日: 更新日:

 週刊朝日の臨時増刊として発刊されたのが2003年。当時は、医療情報はあまり公にされておらず、手術数という客観的な指標をもとにしたランキングは、「本当にいい病院を選びたい」と思う読者の期待に大いに応えた。創刊15年目を迎えた今年は「特別号」と銘打って、538ページ、2センチ近い厚さの一冊に、役立つ情報がぎっしり詰まっている。

 特別企画は、「ランキングで見る15年の変遷」。ランキング1位の病院は、なぜその地位をキープできたのか、疾患ごとに、各病院トップの医師にインタビュー。

 大特集「高齢者の手術は余命を延ばしているのか?」も読み応えたっぷりだ。2人に1人ががんといわれる時代だが、一般的には手術がベストな場合でも、高齢者となると手術以外の治療の方が余命を延ばせるケースは珍しくない。実際、高齢者のがん手術には科学的根拠がなく、現場の医師の判断に委ねられているという。がんごとの高齢者の手術の是非を徹底取材している。

 独自調査でランキングを掲載している病院数は6618病院。もしもの時の一冊として、自宅のすぐ目につく場所に置いておきたい。(朝日新聞出版 722円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る