• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「手術数でわかる いい病院2017」

 週刊朝日の臨時増刊として発刊されたのが2003年。当時は、医療情報はあまり公にされておらず、手術数という客観的な指標をもとにしたランキングは、「本当にいい病院を選びたい」と思う読者の期待に大いに応えた。創刊15年目を迎えた今年は「特別号」と銘打って、538ページ、2センチ近い厚さの一冊に、役立つ情報がぎっしり詰まっている。

 特別企画は、「ランキングで見る15年の変遷」。ランキング1位の病院は、なぜその地位をキープできたのか、疾患ごとに、各病院トップの医師にインタビュー。

 大特集「高齢者の手術は余命を延ばしているのか?」も読み応えたっぷりだ。2人に1人ががんといわれる時代だが、一般的には手術がベストな場合でも、高齢者となると手術以外の治療の方が余命を延ばせるケースは珍しくない。実際、高齢者のがん手術には科学的根拠がなく、現場の医師の判断に委ねられているという。がんごとの高齢者の手術の是非を徹底取材している。

 独自調査でランキングを掲載している病院数は6618病院。もしもの時の一冊として、自宅のすぐ目につく場所に置いておきたい。(朝日新聞出版 722円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る