• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スナックの歩き方」玉袋筋太郎著

「全日本スナック連盟」会長の肩書も持つ著者によるスナック入門書。

 昭和を感じさせる店の構え、愛情たっぷりのお通しやおつまみ、人生経験豊富なママの人情が通った接客、常連客との交流、そして懐メロカラオケなど。世の中から消えつつあるモノがたっぷりと詰まったスナックは、実は国内にコンビニよりもはるかに多い10万軒もあるという。

 さまざまなタイプのスナックがあるが、その基本はママ(あるいはマスター)が切り盛りしている個人経営の店で、お客さんと血の通ったコミュニケーションを楽しむ場所だと著者は定義する。初対面でも楽しく飲める店の見つけ方から、店内での作法など、年間150軒、各地のスナックを飲み歩く達人が、その楽しみ方と魅力を伝授。(イースト・プレス 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る