「定年認知症にならない 脳が冴える新17の習慣」築山節著

公開日:  更新日:

「医者の世界には、以前から『定年認知症』という考え方があります」

 こう話すのは、北品川クリニックの築山節所長。予約の取れない認知症外来の名医である。

 人生の大半を仕事に費やしていたが、定年を境に生活パターンがガラリと変わる。仕事一筋で趣味がなく、近所づきあいにも乏しかった元サラリーマンは、することがない。何をしていいか分からず、時間を持て余すだろう。結果、脳への刺激が著しく減り、認知機能が衰え、認知症に突入していく。

 定年認知症にならないようにするには、40代、50代から対策を講じるのが理想的。築山所長は数多くの脳疾患の患者を診る中で法則を見いだした。そのポイントをまとめた著書が5月2日に発売される。

「頭の働きを維持するために、いちばんの近道は、自分の脳の正しい取り扱いをマスターすること」(築山所長)

 同書には、今すぐに始められることばかりが紹介されている。(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る