「定年認知症にならない 脳が冴える新17の習慣」築山節著

公開日: 更新日:

「医者の世界には、以前から『定年認知症』という考え方があります」

 こう話すのは、北品川クリニックの築山節所長。予約の取れない認知症外来の名医である。

 人生の大半を仕事に費やしていたが、定年を境に生活パターンがガラリと変わる。仕事一筋で趣味がなく、近所づきあいにも乏しかった元サラリーマンは、することがない。何をしていいか分からず、時間を持て余すだろう。結果、脳への刺激が著しく減り、認知機能が衰え、認知症に突入していく。

 定年認知症にならないようにするには、40代、50代から対策を講じるのが理想的。築山所長は数多くの脳疾患の患者を診る中で法則を見いだした。そのポイントをまとめた著書が5月2日に発売される。

「頭の働きを維持するために、いちばんの近道は、自分の脳の正しい取り扱いをマスターすること」(築山所長)

 同書には、今すぐに始められることばかりが紹介されている。(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  6. 6

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る