「大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】」中村仁一著

公開日: 更新日:

 ベストセラーになった前著から5年、77歳の著者が「健康寿命」を延ばすことに躍起になっている社会に再び警告を発す。

 近代医学は中途半端で治らないものは治らないが、「どんな状態であろうと助かればいい」「一分一秒でも長く生かせばいい」と考えていることが恐ろしいという著者。医師が唱える「科学的根拠」の正体、「死を先送りにするだけの医療」の実態に切り込み、穏やかな死を迎えるために老人は医療についてどう考え、どう付き合っていくかを問う。

 無用な終末医療や介護から「希望する死」を守るための「事前指示書」の書き方を具体的に教えてくれている。団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になる2025年に向け、読んでおきたい一冊だ。(幻冬舎新書 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る