• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スー女のみかた」和田靜香著

 かつては力士を見て「かっこいい」だったが、今は「かわいい」が当たり前なのだという。

 2014年ごろから女性相撲ファンが急増。彼女たちを指して「スー女」と呼ぶそうで、その一人である著者が最初にかわいいと思ったのは今の東関親方、潮丸だ。とにかく飛びぬけてお肌がつやつやに光ってきれいで、色は真っ白。プニッとしたまん丸い顔つきもあって、思わず「かわいい~」と声が出た。

 ほかに、明武谷に抱っこされたときのこと、お相撲さんのしこな、自ら出場した女相撲大会のことなどを、スー女ならではの愛で語りまくるエッセー集。相撲好きなシンガー・ソングライター浜田真理子さんとの対談付き。(シンコーミュージック・エンタテイメント 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事