「スー女のみかた」和田靜香著

公開日: 更新日:

 かつては力士を見て「かっこいい」だったが、今は「かわいい」が当たり前なのだという。

 2014年ごろから女性相撲ファンが急増。彼女たちを指して「スー女」と呼ぶそうで、その一人である著者が最初にかわいいと思ったのは今の東関親方、潮丸だ。とにかく飛びぬけてお肌がつやつやに光ってきれいで、色は真っ白。プニッとしたまん丸い顔つきもあって、思わず「かわいい~」と声が出た。

 ほかに、明武谷に抱っこされたときのこと、お相撲さんのしこな、自ら出場した女相撲大会のことなどを、スー女ならではの愛で語りまくるエッセー集。相撲好きなシンガー・ソングライター浜田真理子さんとの対談付き。(シンコーミュージック・エンタテイメント 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る