「失敗と成功の日本史」加来耕三著

公開日:

 真珠湾攻撃で米国民の怒りに火をつけ、日本を無条件降伏に追い込んだ山本五十六は、当初開戦に反対したものの、最終的には「半年や1年は随分と暴れてご覧に入れるが……」と真珠湾攻撃を立案し、結果として敗戦により国土を荒廃させた。これは、戊辰戦争で長岡藩を焦土と化した河井継之助と同じ過ちをくり返したといえるのではないか。「甘い見通しで目先の利益にとらわれず、将来の実りに投資すべし」が教訓だ。

 本紙好評連載コラムを大幅に加筆し、史実をもとに人生の成功に必要な60の教訓を浮き彫りにした歴史読み物。(つちや書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る