「男爵の密偵 帝都宮内省秘録」真堂樹著

公開日:

 昭和5年、高級中華料理店「華月園」の給仕・虎弥太は、宮内省の官僚・御園尾男爵に呼び出される。虎弥太の本職は、御園尾の密命を受け、900家ある華族の不始末を処理する密偵だった。今回の密命は、料理人として石蕗伯爵家に潜入し、嗣子の春衡が次期当主にふさわしい人物か見極めるというものだった。早速、屋敷を訪ねると、春衡は噂通りの中華かぶれで、邸内は中華趣味であふれていた。先に応募していたキヨとの料理対決に負けた虎弥太だが、警備役として雇われる。オークションで西太后ゆかりの鼻煙壺を入手した春衡は、その帰り道に何者かに襲われたと話す。

 怪事件に巻き込まれた宮内省の密偵と青年華族を主人公にした昭和ロマンサスペンス。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る