「男爵の密偵 帝都宮内省秘録」真堂樹著

公開日: 更新日:

 昭和5年、高級中華料理店「華月園」の給仕・虎弥太は、宮内省の官僚・御園尾男爵に呼び出される。虎弥太の本職は、御園尾の密命を受け、900家ある華族の不始末を処理する密偵だった。今回の密命は、料理人として石蕗伯爵家に潜入し、嗣子の春衡が次期当主にふさわしい人物か見極めるというものだった。早速、屋敷を訪ねると、春衡は噂通りの中華かぶれで、邸内は中華趣味であふれていた。先に応募していたキヨとの料理対決に負けた虎弥太だが、警備役として雇われる。オークションで西太后ゆかりの鼻煙壺を入手した春衡は、その帰り道に何者かに襲われたと話す。

 怪事件に巻き込まれた宮内省の密偵と青年華族を主人公にした昭和ロマンサスペンス。

(朝日新聞出版 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る