クマムシのように「死んだふりして」生き残れ

公開日:

「クマムシ博士のクマムシへんてこ最強伝説」堀川大樹著

 クマムシは、ムシがついているが昆虫ではなく、緩歩動物門に属する体長わずか0.1~1ミリほどの無脊椎動物。周りに水がなければ活動できない水生生物だが、水がなくなっても、「乾眠」と呼ばれる体を縮めて乾燥した仮死状態で生き延びることができる。乾眠に入ったクマムシは、マイナス273度の低温からプラス100度近くの高温、高線量の放射線や真空など、とんでもない環境を生き延びることができる人知を超えたスーパー生物なのだそうだ。そんなクマムシの研究をする著者が、その驚異の生態から、飼い方や観察法を面白おかしく紹介するサイエンスエッセー。

 世の中が息苦しく感じられたら好機が訪れるまでクマムシのように死んだふりをするのも一つ。不屈の生き残り戦術をクマムシに学ぶ。(日経ナショナル ジオグラフィック社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る