• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クマムシのように「死んだふりして」生き残れ

「クマムシ博士のクマムシへんてこ最強伝説」堀川大樹著

 クマムシは、ムシがついているが昆虫ではなく、緩歩動物門に属する体長わずか0.1~1ミリほどの無脊椎動物。周りに水がなければ活動できない水生生物だが、水がなくなっても、「乾眠」と呼ばれる体を縮めて乾燥した仮死状態で生き延びることができる。乾眠に入ったクマムシは、マイナス273度の低温からプラス100度近くの高温、高線量の放射線や真空など、とんでもない環境を生き延びることができる人知を超えたスーパー生物なのだそうだ。そんなクマムシの研究をする著者が、その驚異の生態から、飼い方や観察法を面白おかしく紹介するサイエンスエッセー。

 世の中が息苦しく感じられたら好機が訪れるまでクマムシのように死んだふりをするのも一つ。不屈の生き残り戦術をクマムシに学ぶ。(日経ナショナル ジオグラフィック社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る