クマムシのように「死んだふりして」生き残れ

公開日:

「クマムシ博士のクマムシへんてこ最強伝説」堀川大樹著

 クマムシは、ムシがついているが昆虫ではなく、緩歩動物門に属する体長わずか0.1~1ミリほどの無脊椎動物。周りに水がなければ活動できない水生生物だが、水がなくなっても、「乾眠」と呼ばれる体を縮めて乾燥した仮死状態で生き延びることができる。乾眠に入ったクマムシは、マイナス273度の低温からプラス100度近くの高温、高線量の放射線や真空など、とんでもない環境を生き延びることができる人知を超えたスーパー生物なのだそうだ。そんなクマムシの研究をする著者が、その驚異の生態から、飼い方や観察法を面白おかしく紹介するサイエンスエッセー。

 世の中が息苦しく感じられたら好機が訪れるまでクマムシのように死んだふりをするのも一つ。不屈の生き残り戦術をクマムシに学ぶ。(日経ナショナル ジオグラフィック社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る