「ファースト・エンジン」未須本有生著

公開日:

 エンジンの総合メーカーに就職した中河は、念願かなって防衛庁が開発する超音速戦闘機TF-X用の新型エンジンのプロジェクトチームに配属される。これまで外国製エンジンのライセンス生産を行ってきた同社にとっても、超音速エンジンの開発は初めての経験だった。リーダーの本庄や女性上司の城内ら優秀な技術者とともに中河は試行錯誤を重ねながらエンジンの完成度を上げていく。

 しかし、最終の燃焼テスト中、エンジンが爆発。計測室に飛び込んできた破片に直撃され、中河は命を落とす。職を辞して責任を取ろうとした本庄は、中河の父親から事故の原因究明と、エンジンの完成を求められる。

 超音速エンジンの開発に挑む技術者たちの挑戦を描くモノづくり小説。(集英社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る