「ファースト・エンジン」未須本有生著

公開日:

 エンジンの総合メーカーに就職した中河は、念願かなって防衛庁が開発する超音速戦闘機TF-X用の新型エンジンのプロジェクトチームに配属される。これまで外国製エンジンのライセンス生産を行ってきた同社にとっても、超音速エンジンの開発は初めての経験だった。リーダーの本庄や女性上司の城内ら優秀な技術者とともに中河は試行錯誤を重ねながらエンジンの完成度を上げていく。

 しかし、最終の燃焼テスト中、エンジンが爆発。計測室に飛び込んできた破片に直撃され、中河は命を落とす。職を辞して責任を取ろうとした本庄は、中河の父親から事故の原因究明と、エンジンの完成を求められる。

 超音速エンジンの開発に挑む技術者たちの挑戦を描くモノづくり小説。(集英社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る