「ファースト・エンジン」未須本有生著

公開日: 更新日:

 エンジンの総合メーカーに就職した中河は、念願かなって防衛庁が開発する超音速戦闘機TF-X用の新型エンジンのプロジェクトチームに配属される。これまで外国製エンジンのライセンス生産を行ってきた同社にとっても、超音速エンジンの開発は初めての経験だった。リーダーの本庄や女性上司の城内ら優秀な技術者とともに中河は試行錯誤を重ねながらエンジンの完成度を上げていく。

 しかし、最終の燃焼テスト中、エンジンが爆発。計測室に飛び込んできた破片に直撃され、中河は命を落とす。職を辞して責任を取ろうとした本庄は、中河の父親から事故の原因究明と、エンジンの完成を求められる。

 超音速エンジンの開発に挑む技術者たちの挑戦を描くモノづくり小説。(集英社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る