• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ファースト・エンジン」未須本有生著

 エンジンの総合メーカーに就職した中河は、念願かなって防衛庁が開発する超音速戦闘機TF-X用の新型エンジンのプロジェクトチームに配属される。これまで外国製エンジンのライセンス生産を行ってきた同社にとっても、超音速エンジンの開発は初めての経験だった。リーダーの本庄や女性上司の城内ら優秀な技術者とともに中河は試行錯誤を重ねながらエンジンの完成度を上げていく。

 しかし、最終の燃焼テスト中、エンジンが爆発。計測室に飛び込んできた破片に直撃され、中河は命を落とす。職を辞して責任を取ろうとした本庄は、中河の父親から事故の原因究明と、エンジンの完成を求められる。

 超音速エンジンの開発に挑む技術者たちの挑戦を描くモノづくり小説。(集英社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る