「役に立たない読書」林望著

公開日:

「読書に貴賎なし」と唱える著者による読書のススメ。

「読書が人格を涵養する」と思い込んでいる人が多いが、読書に過大な期待をするのは間違っていると断言。では、読書には意味がないのかといえば、それも違う。人生を豊かに楽しく過ごす秘密は、強制された読書ではなく「自由な読書」にあり、大切なのは「読んだ本の内容について考える」ことだと説く。

 読書が英知の形成に作用を及ぼすとしたら、それはたくさん読んだからではなく、本にまつわる「考える営為」のゆえであり、大切なのは考え考え読んでいくことなのだという。古書店との付き合い方や、純粋な意味で読む楽しみをもたらしてくれる古典の魅力などを語りながら、読書の喜びを伝える。(集英社インターナショナル 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る