「役に立たない読書」林望著

公開日:

「読書に貴賎なし」と唱える著者による読書のススメ。

「読書が人格を涵養する」と思い込んでいる人が多いが、読書に過大な期待をするのは間違っていると断言。では、読書には意味がないのかといえば、それも違う。人生を豊かに楽しく過ごす秘密は、強制された読書ではなく「自由な読書」にあり、大切なのは「読んだ本の内容について考える」ことだと説く。

 読書が英知の形成に作用を及ぼすとしたら、それはたくさん読んだからではなく、本にまつわる「考える営為」のゆえであり、大切なのは考え考え読んでいくことなのだという。古書店との付き合い方や、純粋な意味で読む楽しみをもたらしてくれる古典の魅力などを語りながら、読書の喜びを伝える。(集英社インターナショナル 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る