「忘れられていた息子」ミロ・ガヴラン著、山本郁子訳

公開日:

 舞台は東ヨーロッパのバルカン半島に位置するクロアチア。幼いときからザグレブという町の施設に預けられていたもうすぐ20歳になるミスラヴという青年が、迎えに来た父と母に連れられ、まだ会ったことのない弟と妹のいるオモリア村に行くシーンから物語は始まる。ミスラヴの生まれつきの障害を苦にした母親が、「弟たちに普通の生活をさせるため」彼を施設に預けたが、父親が家族は一緒に住むものだと主張して彼を取り戻しに行ったのだ。兄の存在を知らなかった弟と妹や、彼の姿を好奇の目で見る町の人がいるオモリアでの暮らしに、ミスラヴはなかなか慣れることができなかったのだが……。

 本書は、クロアチアでヒットした原書を現地在住で数々の訳本を持つ訳者が担当したもの。新しい町で暮らすことになったミスラヴの日記という形で物語は進み、彼の目を通してクロアチアの人々の生活が語られる。

 純粋な主人公を待ち受ける運命が、切なく悲しい。(近代文藝社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る