「忘れられていた息子」ミロ・ガヴラン著、山本郁子訳

公開日:

 舞台は東ヨーロッパのバルカン半島に位置するクロアチア。幼いときからザグレブという町の施設に預けられていたもうすぐ20歳になるミスラヴという青年が、迎えに来た父と母に連れられ、まだ会ったことのない弟と妹のいるオモリア村に行くシーンから物語は始まる。ミスラヴの生まれつきの障害を苦にした母親が、「弟たちに普通の生活をさせるため」彼を施設に預けたが、父親が家族は一緒に住むものだと主張して彼を取り戻しに行ったのだ。兄の存在を知らなかった弟と妹や、彼の姿を好奇の目で見る町の人がいるオモリアでの暮らしに、ミスラヴはなかなか慣れることができなかったのだが……。

 本書は、クロアチアでヒットした原書を現地在住で数々の訳本を持つ訳者が担当したもの。新しい町で暮らすことになったミスラヴの日記という形で物語は進み、彼の目を通してクロアチアの人々の生活が語られる。

 純粋な主人公を待ち受ける運命が、切なく悲しい。(近代文藝社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る