「BAR物語」川畑弘著

公開日: 更新日:

 開高健が通った赤坂のバー「木家下」のマスターがある日、開高から「いいバーの条件とは何ぞや?」と聞かれた。答えは「店がヒマなこと」。つまり客は見知ったマスターの顔を見て冗談を言ったり、愚痴を聞いてもらいたくてバーに来るのだと。本書には、そんな客の心をすくい取って至福の時間を与えてくれるバーテンダーの取っておきの話が収められている。

 95歳、バーテンダー歴70年というマスターがいた札幌の「バーやまざき」。80歳でいまだ見習バーテンダーという、亡き夫の後を継ぐ福島の老舗「木馬館」のお母さん。開店後3カ月で大震災に見舞われ、その1カ月後に再開した南相馬の「ウィザード」。開店55年、突然の病気で休店せざるを得なかったが、歴史ある店をなくすわけにはいかないという仲間の協力で無事、再開を果たした北新地の「樽」など。

 著者はバーテンダー向けのサントリーのPR誌「ウイスキーヴォイス」の編集長。巻末の本書に登場するバーのマップは旅人必携。(集英社インターナショナル 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  9. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る