• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「BAR物語」川畑弘著

 開高健が通った赤坂のバー「木家下」のマスターがある日、開高から「いいバーの条件とは何ぞや?」と聞かれた。答えは「店がヒマなこと」。つまり客は見知ったマスターの顔を見て冗談を言ったり、愚痴を聞いてもらいたくてバーに来るのだと。本書には、そんな客の心をすくい取って至福の時間を与えてくれるバーテンダーの取っておきの話が収められている。

 95歳、バーテンダー歴70年というマスターがいた札幌の「バーやまざき」。80歳でいまだ見習バーテンダーという、亡き夫の後を継ぐ福島の老舗「木馬館」のお母さん。開店後3カ月で大震災に見舞われ、その1カ月後に再開した南相馬の「ウィザード」。開店55年、突然の病気で休店せざるを得なかったが、歴史ある店をなくすわけにはいかないという仲間の協力で無事、再開を果たした北新地の「樽」など。

 著者はバーテンダー向けのサントリーのPR誌「ウイスキーヴォイス」の編集長。巻末の本書に登場するバーのマップは旅人必携。(集英社インターナショナル 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る