「ライオン・ブルー」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 主人公は、故郷である田舎の獅子追交番に配属されたばかりの警察官・澤登耀司巡査、30歳。表向きは倒れた父親の面倒を見るために希望しての異動だったが、本当の理由は、同期の長原信介がこの交番で働いていたのを最後に突然、失踪した理由を探るため。拳銃を持ったまま姿を消した長原には失踪する理由もなかった。何か事件に巻き込まれたのではと疑う澤登は、交番所長の福永和朋巡査部長や先輩警官の晃光大吾巡査らに探りを入れる。

 そんなとき、町のごみ屋敷と呼ばれていた家で火事が発生し、その場から家主の毛利淳一郎が遺体で発見された。澤登は、長原が失踪直前に毛利を訪ねていたことを知り、関連性を追い始めたのだが……。

 2015年に「道徳の時間」で第61回江戸川乱歩賞を受賞してデビューした新鋭作家の最新ミステリー小説。同期の失踪の謎を追う主人公の目を通して、息の詰まりそうな田舎の人間関係を追った末にたどり着く結末に愕然とさせられる。(KADOKAWA 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る