• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人を奮い立たせるリーダーの力」平尾誠二著

 ラグビー日本代表監督や神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督を務めるなど、数多くの選手を育ててきた著者によるリーダー論。

 強い組織をつくるにあたり、最も避けるべきはメンバーの「友達化」だという。自由に言い合える関係はよいが、ともすれば「馴れ合い」になり、緊張感を失わせる。個人にしろ、チームにしろ、力を存分に発揮するには緊張感は欠かせないのだ。

 また、チームを引っ張るリーダーには「異質な人間を取り入れられるだけの許容力」が必要だ。異質なもの、対立するものを排除するのではなく、組織にとって最大の利益を生むかどうかという損得勘定を持つ度量がなければ組織は発展しない。

 その他、人を叱るときの4つの心得や、強い個の育て方など、昨年、早世した著者が残した91の矜持を紹介する。(マガジンハウス 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る