「人を奮い立たせるリーダーの力」平尾誠二著

公開日:

 ラグビー日本代表監督や神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督を務めるなど、数多くの選手を育ててきた著者によるリーダー論。

 強い組織をつくるにあたり、最も避けるべきはメンバーの「友達化」だという。自由に言い合える関係はよいが、ともすれば「馴れ合い」になり、緊張感を失わせる。個人にしろ、チームにしろ、力を存分に発揮するには緊張感は欠かせないのだ。

 また、チームを引っ張るリーダーには「異質な人間を取り入れられるだけの許容力」が必要だ。異質なもの、対立するものを排除するのではなく、組織にとって最大の利益を生むかどうかという損得勘定を持つ度量がなければ組織は発展しない。

 その他、人を叱るときの4つの心得や、強い個の育て方など、昨年、早世した著者が残した91の矜持を紹介する。(マガジンハウス 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る