「BUTTER」柚木麻子著

公開日:

 ここ数年、世間を騒がせている連続不審死事件の被告、梶井真奈子は、婚活サイトで知り合った男たちから金を奪い、3人を殺した罪に問われていた。

 この事件が注目されたのは、大勢の男を手玉に取った彼女が、若くも美しくもなく、おまけに太っていたことだ。

 だが、梶井は女としての自信に満ちていた。なぜか? 大手週刊誌の記者町田里佳は、事件の真相に迫ることで、自分の生きづらさにも向き合えるのではないかと思い、真奈子にアプローチを試みる。面会に成功した里佳は、真奈子の美食に対する執着ぶりを知り、彼女と話を合わせるためにバターたっぷりのこってりした食事を取り始める。痩せてスマートな体形は崩れ、それと比例するように精神的にも真奈子にのみ込まれていく。そんな里佳を心配する友人の伶子も、いつしか真奈子の魔手に取り込まれていく……。

 里佳、伶子、真奈子の互いを食い合うような展開は出色だが、出てくる料理の描写が精緻を極め、食欲をそそられてしまう。食べ過ぎにご用心を。(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る