• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カラス屋の双眼鏡」 松原始著

 カラスの生態や行動を研究する著者による自然科学エッセー。

 何で視線が上を向いているの? と知人から尋ねられるほど、カラスと彼らの巣を探す日々。カラスに警戒されないように「見ていないフリ」をしながら、彼らの巣を見つけ出す極意に始まり、研究室に持ち込まれたケガをした子ガラスの世話をした体験、さらに自宅近所で垣間見たハシブトガラスとハシボソガラスの縄張り争いや、北海道で見た鹿の死体をめぐるキツネとの争奪戦など。面白エピソードを通じて、カラスの不思議な生態を紹介。

 同時的一夫多妻のオオヨシキリや、百発百中の的中率を誇るトラツグミの天気予報など、他の鳥や動物など、フィールドワークで出合った動物たちの話も満載。(角川春樹事務所 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る