「字が汚い」新保信長氏

公開日: 更新日:

「練習帳は3、4冊やりましたが、漠然と練習してもダメですね。でも気が付いたこともあるんです。それは、まずは真っすぐな線が引けないとダメだってこと。これが意外に難しいんですが」

 美しい字を書くには、脳に「美しい字」のイメージがあり、そのイメージを再現できることが必須。そして、それには一にも二にも真っすぐに線を引ける技術が必要なのだ。

「デッサン力のある人ならさぞかし美文字だろうと思い、画家の山口晃氏や、デザイナーの寄藤文平氏に話を聞いてみました。彼らの字に対する感覚は、ちょっと違っていてデザインとして捉えているんですね。

 たとえば部分よりも全体のバランスが大事だとか、どのような形で書けばおさまりがいいかなどと考えることは、僕にはなかった発想。字の大きさが揃ってない、中心線が通ってないことが字が汚く見える原因のひとつだと発見しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  5. 5

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る

人気キーワード