「字が汚い」新保信長氏

公開日: 更新日:

 パソコンの普及でめっきり手書きの機会が減った昨今。しかし、こんなふうに思ったことはないだろうか。結婚式や葬儀の受付で芳名帳を前にしたとき、あるいは取引先に一筆したためようとして「もっと字がうまく書けたらなぁ」と。

「まさに僕がそれでした。あるとき、某大物漫画家宛てに企画への協力のお願いをするために手紙を書いたんですが、ひどかったんですよ。何ていうか、子供っぽくて字が拙いんです。真面目に書いているのにふざけているようにしか見えず、心を込めたつもりの手紙がかえって失礼な感じになった。これには我ながら軽く絶望しましたね」

 本書は、自分の字の汚さに愕然とした著者が、きれいな字を書けるようになりたいと右往左往した、字を巡るテン末記だ。

 著者が最初に挑戦したのが、いわゆるペン字練習帳の類いである。意気込んで始めたものの、ぬぬぬぬ……とお手本をなぞっているうちに、何を書いているのか分からなくなり、ゲシュタルト崩壊。また別のテキストでは、字形を整えるポイントを覚えるも、先に進むと前にやっていたことを忘れる始末で、悪戦苦闘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る