「字が汚い」新保信長氏

公開日: 更新日:

 パソコンの普及でめっきり手書きの機会が減った昨今。しかし、こんなふうに思ったことはないだろうか。結婚式や葬儀の受付で芳名帳を前にしたとき、あるいは取引先に一筆したためようとして「もっと字がうまく書けたらなぁ」と。

「まさに僕がそれでした。あるとき、某大物漫画家宛てに企画への協力のお願いをするために手紙を書いたんですが、ひどかったんですよ。何ていうか、子供っぽくて字が拙いんです。真面目に書いているのにふざけているようにしか見えず、心を込めたつもりの手紙がかえって失礼な感じになった。これには我ながら軽く絶望しましたね」

 本書は、自分の字の汚さに愕然とした著者が、きれいな字を書けるようになりたいと右往左往した、字を巡るテン末記だ。

 著者が最初に挑戦したのが、いわゆるペン字練習帳の類いである。意気込んで始めたものの、ぬぬぬぬ……とお手本をなぞっているうちに、何を書いているのか分からなくなり、ゲシュタルト崩壊。また別のテキストでは、字形を整えるポイントを覚えるも、先に進むと前にやっていたことを忘れる始末で、悪戦苦闘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る