「十津川警部 高山本線の秘密」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 故郷の高山を訪ねたカメラマンのえりは、撮影のついでに、祖母のことを調べる。従軍看護婦だった祖母は、満州から一時帰国した際に白川郷の奥のR村で行方不明になっていた。数年前に廃村になったR村を訪ねたえりは、廃屋に併設されたコンクリートの部屋の存在に気づく。

 1カ月後、毒殺事件を捜査する十津川は、被害者の作家・浅野が父親の真太郎が戦時中に提唱した永久戦争論について執筆していたと聞く。その理論を実行するため、真太郎はR村で実際に訓練を行っていたらしい。R村に足を運んだ十津川は、村について調べていたえりが行方不明になっていると耳にする。

 十津川が2つの事件の背後に広がる歴史の闇に迫る長編ミステリー。(小学館 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード