• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十津川警部 高山本線の秘密」西村京太郎著

 故郷の高山を訪ねたカメラマンのえりは、撮影のついでに、祖母のことを調べる。従軍看護婦だった祖母は、満州から一時帰国した際に白川郷の奥のR村で行方不明になっていた。数年前に廃村になったR村を訪ねたえりは、廃屋に併設されたコンクリートの部屋の存在に気づく。

 1カ月後、毒殺事件を捜査する十津川は、被害者の作家・浅野が父親の真太郎が戦時中に提唱した永久戦争論について執筆していたと聞く。その理論を実行するため、真太郎はR村で実際に訓練を行っていたらしい。R村に足を運んだ十津川は、村について調べていたえりが行方不明になっていると耳にする。

 十津川が2つの事件の背後に広がる歴史の闇に迫る長編ミステリー。(小学館 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る