「十津川警部 高山本線の秘密」西村京太郎著

公開日:

 故郷の高山を訪ねたカメラマンのえりは、撮影のついでに、祖母のことを調べる。従軍看護婦だった祖母は、満州から一時帰国した際に白川郷の奥のR村で行方不明になっていた。数年前に廃村になったR村を訪ねたえりは、廃屋に併設されたコンクリートの部屋の存在に気づく。

 1カ月後、毒殺事件を捜査する十津川は、被害者の作家・浅野が父親の真太郎が戦時中に提唱した永久戦争論について執筆していたと聞く。その理論を実行するため、真太郎はR村で実際に訓練を行っていたらしい。R村に足を運んだ十津川は、村について調べていたえりが行方不明になっていると耳にする。

 十津川が2つの事件の背後に広がる歴史の闇に迫る長編ミステリー。(小学館 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る