「海道の修羅」吉川永青著

公開日: 更新日:

 幼い頃から寺に預けられていた今川氏親の五男、承芳は、領地の駿河が荒れ果てているのに心を痛めていた。家臣の福嶋越前守が相模の北条と結託して駿河を侵食しているのだ。承芳は「駿河のために己を殺す」と、福嶋に頼りきっている当主の兄・氏輝と次兄・彦五郎を毒殺。18歳で自ら当主の座に就く。福嶋は承芳の異母兄・恵探を擁して挙兵した。承芳はそれまで敵視してきた甲斐の武田に援軍を依頼し、内乱に乗じて攻め込んできた北条を味方につけて、恵探らを破る。還俗して承芳は名を「義元」と改め、武田信虎の娘を正室として迎える。

 NHKの大河ドラマにも登場した今川義元を主役にした時代小説。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る