「海道の修羅」吉川永青著

公開日:  更新日:

 幼い頃から寺に預けられていた今川氏親の五男、承芳は、領地の駿河が荒れ果てているのに心を痛めていた。家臣の福嶋越前守が相模の北条と結託して駿河を侵食しているのだ。承芳は「駿河のために己を殺す」と、福嶋に頼りきっている当主の兄・氏輝と次兄・彦五郎を毒殺。18歳で自ら当主の座に就く。福嶋は承芳の異母兄・恵探を擁して挙兵した。承芳はそれまで敵視してきた甲斐の武田に援軍を依頼し、内乱に乗じて攻め込んできた北条を味方につけて、恵探らを破る。還俗して承芳は名を「義元」と改め、武田信虎の娘を正室として迎える。

 NHKの大河ドラマにも登場した今川義元を主役にした時代小説。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る