「海道の修羅」吉川永青著

公開日:  更新日:

 幼い頃から寺に預けられていた今川氏親の五男、承芳は、領地の駿河が荒れ果てているのに心を痛めていた。家臣の福嶋越前守が相模の北条と結託して駿河を侵食しているのだ。承芳は「駿河のために己を殺す」と、福嶋に頼りきっている当主の兄・氏輝と次兄・彦五郎を毒殺。18歳で自ら当主の座に就く。福嶋は承芳の異母兄・恵探を擁して挙兵した。承芳はそれまで敵視してきた甲斐の武田に援軍を依頼し、内乱に乗じて攻め込んできた北条を味方につけて、恵探らを破る。還俗して承芳は名を「義元」と改め、武田信虎の娘を正室として迎える。

 NHKの大河ドラマにも登場した今川義元を主役にした時代小説。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る