「海道の修羅」吉川永青著

公開日: 更新日:

 幼い頃から寺に預けられていた今川氏親の五男、承芳は、領地の駿河が荒れ果てているのに心を痛めていた。家臣の福嶋越前守が相模の北条と結託して駿河を侵食しているのだ。承芳は「駿河のために己を殺す」と、福嶋に頼りきっている当主の兄・氏輝と次兄・彦五郎を毒殺。18歳で自ら当主の座に就く。福嶋は承芳の異母兄・恵探を擁して挙兵した。承芳はそれまで敵視してきた甲斐の武田に援軍を依頼し、内乱に乗じて攻め込んできた北条を味方につけて、恵探らを破る。還俗して承芳は名を「義元」と改め、武田信虎の娘を正室として迎える。

 NHKの大河ドラマにも登場した今川義元を主役にした時代小説。(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る