「捨てる女」内澤旬子著

公開日: 更新日:

 闘病を機に、それまでのなんでも収集、床積み放題の暮らしとの決別を決意した著者の断捨離をつづった面白エッセー。

 乳がんで4回の手術を体験。すると、それまで暮らしていた部屋が、「へどが出るほど見たくないものになってしまった」という。仕事の資料などが作り出すカオスに耐えられず、断捨離が始まる。手始めに、賞味期限が過ぎたドライ食品や、梅酒を飲み終わった後に放置されたままの梅などを恐る恐る口にして消費。さらに家具や本、果ては配偶者まで、捨てて捨てて捨てまくる。重荷だったイラスト原画や収集本まで手放すと、開放感ではなく喪失感に襲われうつ状態になってしまい、捨てるうちに「人生を楽しむ力」まで捨ててしまったようだと気がつく。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る