「捨てる女」内澤旬子著

公開日: 更新日:

 闘病を機に、それまでのなんでも収集、床積み放題の暮らしとの決別を決意した著者の断捨離をつづった面白エッセー。

 乳がんで4回の手術を体験。すると、それまで暮らしていた部屋が、「へどが出るほど見たくないものになってしまった」という。仕事の資料などが作り出すカオスに耐えられず、断捨離が始まる。手始めに、賞味期限が過ぎたドライ食品や、梅酒を飲み終わった後に放置されたままの梅などを恐る恐る口にして消費。さらに家具や本、果ては配偶者まで、捨てて捨てて捨てまくる。重荷だったイラスト原画や収集本まで手放すと、開放感ではなく喪失感に襲われうつ状態になってしまい、捨てるうちに「人生を楽しむ力」まで捨ててしまったようだと気がつく。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード