「捨てる女」内澤旬子著

公開日: 更新日:

 闘病を機に、それまでのなんでも収集、床積み放題の暮らしとの決別を決意した著者の断捨離をつづった面白エッセー。

 乳がんで4回の手術を体験。すると、それまで暮らしていた部屋が、「へどが出るほど見たくないものになってしまった」という。仕事の資料などが作り出すカオスに耐えられず、断捨離が始まる。手始めに、賞味期限が過ぎたドライ食品や、梅酒を飲み終わった後に放置されたままの梅などを恐る恐る口にして消費。さらに家具や本、果ては配偶者まで、捨てて捨てて捨てまくる。重荷だったイラスト原画や収集本まで手放すと、開放感ではなく喪失感に襲われうつ状態になってしまい、捨てるうちに「人生を楽しむ力」まで捨ててしまったようだと気がつく。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  7. 7

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る