「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」西山耕一郎著

公開日:  更新日:

 半世紀ぶりに死因第3位となった「肺炎」。4位に転落した脳血管疾患で亡くなる人の数も増えているのだが、それを上回るペースで肺炎死が増えているという。その多くが高齢者による誤嚥性肺炎だ。

 この誤嚥性肺炎を防ぐために、食べ物をのみ込む力、つまり嚥下能力を鍛える必要がある。本書はその方法を詰め込んだ一冊だ。嚥下能力は早い人で40歳から衰えるそうで、よくむせる、せきこむ、たんが詰まるという人は誤嚥性肺炎の予備群だそうだ。著者はこれまで1万人の患者に嚥下治療をしてきたという耳鼻咽喉科の専門医。1日5分の肺炎予防の「のどの体操」もわかりやすい。最近、食べ物がのみ込みにくいという人はもちろん、老親が心配という人もぜひ読んでおきたい。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る