「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」西山耕一郎著

公開日: 更新日:

 半世紀ぶりに死因第3位となった「肺炎」。4位に転落した脳血管疾患で亡くなる人の数も増えているのだが、それを上回るペースで肺炎死が増えているという。その多くが高齢者による誤嚥性肺炎だ。

 この誤嚥性肺炎を防ぐために、食べ物をのみ込む力、つまり嚥下能力を鍛える必要がある。本書はその方法を詰め込んだ一冊だ。嚥下能力は早い人で40歳から衰えるそうで、よくむせる、せきこむ、たんが詰まるという人は誤嚥性肺炎の予備群だそうだ。著者はこれまで1万人の患者に嚥下治療をしてきたという耳鼻咽喉科の専門医。1日5分の肺炎予防の「のどの体操」もわかりやすい。最近、食べ物がのみ込みにくいという人はもちろん、老親が心配という人もぜひ読んでおきたい。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る