「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」西山耕一郎著

公開日: 更新日:

 半世紀ぶりに死因第3位となった「肺炎」。4位に転落した脳血管疾患で亡くなる人の数も増えているのだが、それを上回るペースで肺炎死が増えているという。その多くが高齢者による誤嚥性肺炎だ。

 この誤嚥性肺炎を防ぐために、食べ物をのみ込む力、つまり嚥下能力を鍛える必要がある。本書はその方法を詰め込んだ一冊だ。嚥下能力は早い人で40歳から衰えるそうで、よくむせる、せきこむ、たんが詰まるという人は誤嚥性肺炎の予備群だそうだ。著者はこれまで1万人の患者に嚥下治療をしてきたという耳鼻咽喉科の専門医。1日5分の肺炎予防の「のどの体操」もわかりやすい。最近、食べ物がのみ込みにくいという人はもちろん、老親が心配という人もぜひ読んでおきたい。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る