• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ファイト」佐藤賢一著

 昨年6月に亡くなったモハメド・アリの記念碑的な4つの試合を、アリの一人称の視点から描いたボクシング小説。1戦目は1964年の対ソニー・リストン戦。当時無類の強さを誇っていたリストンに22歳のアリが挑む。圧倒的に不利な予想を覆し、7回TKO勝ち。2戦目は71年の対ジョー・フレージャー戦。イスラム教に改宗したアリはベトナム戦争への徴兵を拒否し、タイトルを剥奪される。その再起を懸けた一戦。15回判定負け。3戦目は74年の対ジョージ・フォアマン戦。「キンシャサの奇跡」として有名な世紀の一戦。全盛期を過ぎたと思われたアリが、ロープを背にしての巧みな試合運びで8回KO勝ち。最後は80年の対ラリー・ホームズ戦。引退後のカムバック戦。11回TKO負け。

 大のボクシング好きで若い頃ジムに通ったという著者だけに、試合の細部を丁寧に再現し、アリの心情も細かくすくい取っている。結果はわかっているのに読みながら思わず力が入ってしまうほどのリアルさに感服。(中央公論新社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る