• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ファイト」佐藤賢一著

 昨年6月に亡くなったモハメド・アリの記念碑的な4つの試合を、アリの一人称の視点から描いたボクシング小説。1戦目は1964年の対ソニー・リストン戦。当時無類の強さを誇っていたリストンに22歳のアリが挑む。圧倒的に不利な予想を覆し、7回TKO勝ち。2戦目は71年の対ジョー・フレージャー戦。イスラム教に改宗したアリはベトナム戦争への徴兵を拒否し、タイトルを剥奪される。その再起を懸けた一戦。15回判定負け。3戦目は74年の対ジョージ・フォアマン戦。「キンシャサの奇跡」として有名な世紀の一戦。全盛期を過ぎたと思われたアリが、ロープを背にしての巧みな試合運びで8回KO勝ち。最後は80年の対ラリー・ホームズ戦。引退後のカムバック戦。11回TKO負け。

 大のボクシング好きで若い頃ジムに通ったという著者だけに、試合の細部を丁寧に再現し、アリの心情も細かくすくい取っている。結果はわかっているのに読みながら思わず力が入ってしまうほどのリアルさに感服。(中央公論新社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る