「ファイト」佐藤賢一著

公開日: 更新日:

 昨年6月に亡くなったモハメド・アリの記念碑的な4つの試合を、アリの一人称の視点から描いたボクシング小説。1戦目は1964年の対ソニー・リストン戦。当時無類の強さを誇っていたリストンに22歳のアリが挑む。圧倒的に不利な予想を覆し、7回TKO勝ち。2戦目は71年の対ジョー・フレージャー戦。イスラム教に改宗したアリはベトナム戦争への徴兵を拒否し、タイトルを剥奪される。その再起を懸けた一戦。15回判定負け。3戦目は74年の対ジョージ・フォアマン戦。「キンシャサの奇跡」として有名な世紀の一戦。全盛期を過ぎたと思われたアリが、ロープを背にしての巧みな試合運びで8回KO勝ち。最後は80年の対ラリー・ホームズ戦。引退後のカムバック戦。11回TKO負け。

 大のボクシング好きで若い頃ジムに通ったという著者だけに、試合の細部を丁寧に再現し、アリの心情も細かくすくい取っている。結果はわかっているのに読みながら思わず力が入ってしまうほどのリアルさに感服。(中央公論新社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る

人気キーワード