「ファイト」佐藤賢一著

公開日:  更新日:

 昨年6月に亡くなったモハメド・アリの記念碑的な4つの試合を、アリの一人称の視点から描いたボクシング小説。1戦目は1964年の対ソニー・リストン戦。当時無類の強さを誇っていたリストンに22歳のアリが挑む。圧倒的に不利な予想を覆し、7回TKO勝ち。2戦目は71年の対ジョー・フレージャー戦。イスラム教に改宗したアリはベトナム戦争への徴兵を拒否し、タイトルを剥奪される。その再起を懸けた一戦。15回判定負け。3戦目は74年の対ジョージ・フォアマン戦。「キンシャサの奇跡」として有名な世紀の一戦。全盛期を過ぎたと思われたアリが、ロープを背にしての巧みな試合運びで8回KO勝ち。最後は80年の対ラリー・ホームズ戦。引退後のカムバック戦。11回TKO負け。

 大のボクシング好きで若い頃ジムに通ったという著者だけに、試合の細部を丁寧に再現し、アリの心情も細かくすくい取っている。結果はわかっているのに読みながら思わず力が入ってしまうほどのリアルさに感服。(中央公論新社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る