• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「町を歩いて本のなかへ」南陀楼綾繁著

 著者が地方に出かけたときに必ずと言っていいほどに足を向けるのが、書店の郷土関係の書棚だ。その棚には、いわゆる「地方リトルプレス」の本や雑誌が並んでいるからだ。

 盛岡でフリーランスのライターやデザイナーとして働く女性たちでつくる雑誌「てくり」、名古屋の暮らしを紹介する「棲」、ヌードルライターの山田祐一郎が発行する「福岡うどんのはなし」、秋田県が発行する「のんびり」、横浜のふたり出版社「星羊社」が発行する「横濱市民酒場グルリと」などがそれ。ここ7、8年で地方出版にはひとつの変化が表れていて、「外」の読者を意識した本作りになっているのが特徴。インターネットで地方出版物情報を全国に発信できるようになったのも一因である。

 各地で開催される多くのブックイベントにも関わっている著者が新聞・雑誌やウェブに寄稿したエッセー・書評・ルポをまとめた本。(原書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る