「町を歩いて本のなかへ」南陀楼綾繁著

公開日:

 著者が地方に出かけたときに必ずと言っていいほどに足を向けるのが、書店の郷土関係の書棚だ。その棚には、いわゆる「地方リトルプレス」の本や雑誌が並んでいるからだ。

 盛岡でフリーランスのライターやデザイナーとして働く女性たちでつくる雑誌「てくり」、名古屋の暮らしを紹介する「棲」、ヌードルライターの山田祐一郎が発行する「福岡うどんのはなし」、秋田県が発行する「のんびり」、横浜のふたり出版社「星羊社」が発行する「横濱市民酒場グルリと」などがそれ。ここ7、8年で地方出版にはひとつの変化が表れていて、「外」の読者を意識した本作りになっているのが特徴。インターネットで地方出版物情報を全国に発信できるようになったのも一因である。

 各地で開催される多くのブックイベントにも関わっている著者が新聞・雑誌やウェブに寄稿したエッセー・書評・ルポをまとめた本。(原書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る