「町を歩いて本のなかへ」南陀楼綾繁著

公開日: 更新日:

 著者が地方に出かけたときに必ずと言っていいほどに足を向けるのが、書店の郷土関係の書棚だ。その棚には、いわゆる「地方リトルプレス」の本や雑誌が並んでいるからだ。

 盛岡でフリーランスのライターやデザイナーとして働く女性たちでつくる雑誌「てくり」、名古屋の暮らしを紹介する「棲」、ヌードルライターの山田祐一郎が発行する「福岡うどんのはなし」、秋田県が発行する「のんびり」、横浜のふたり出版社「星羊社」が発行する「横濱市民酒場グルリと」などがそれ。ここ7、8年で地方出版にはひとつの変化が表れていて、「外」の読者を意識した本作りになっているのが特徴。インターネットで地方出版物情報を全国に発信できるようになったのも一因である。

 各地で開催される多くのブックイベントにも関わっている著者が新聞・雑誌やウェブに寄稿したエッセー・書評・ルポをまとめた本。(原書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る