• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「町を歩いて本のなかへ」南陀楼綾繁著

 著者が地方に出かけたときに必ずと言っていいほどに足を向けるのが、書店の郷土関係の書棚だ。その棚には、いわゆる「地方リトルプレス」の本や雑誌が並んでいるからだ。

 盛岡でフリーランスのライターやデザイナーとして働く女性たちでつくる雑誌「てくり」、名古屋の暮らしを紹介する「棲」、ヌードルライターの山田祐一郎が発行する「福岡うどんのはなし」、秋田県が発行する「のんびり」、横浜のふたり出版社「星羊社」が発行する「横濱市民酒場グルリと」などがそれ。ここ7、8年で地方出版にはひとつの変化が表れていて、「外」の読者を意識した本作りになっているのが特徴。インターネットで地方出版物情報を全国に発信できるようになったのも一因である。

 各地で開催される多くのブックイベントにも関わっている著者が新聞・雑誌やウェブに寄稿したエッセー・書評・ルポをまとめた本。(原書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る