「悪左府の女」伊東潤著

公開日:  更新日:

 物語の主人公は、下級官人である春澄家の娘・栄子。両親も亡くなり、姉も嫁いでしまったため、婿をとって家を存続させる使命を持っていた。

 しかし、背が高く目鼻立ちのくっきりとした顔立ちをしていたため当時の美人の基準と合わず、醜女と呼ばれて縁談がなかなかまとまらなかった。

 ある日そんな栄子のもとに、左大臣・藤原頼長の使者から、女房として仕えて事を首尾よく行えば、婿を世話して春澄家を存続させてやるとの話が持ち込まれる。不思議に思いながらも、お役目を果たすべく摂政家の東三条殿へと向かった栄子は、近衛帝の皇后・多子に仕える役目を与えられた。しかしその裏には、頼長の恐ろしい策略が隠されていた……。

 平安時代末期、女を使ったさまざまな策略が行き交う時代を栄子の視点から描いた歴史小説。

 公家と武士の権力争いが起こった保元の乱へと動き出した時代に、権力者の手駒として使われた女たちの運命がダイナミックに描かれている。(文藝春秋 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る