「異名・ニックネーム辞典」杉村喜光編著

公開日:

「アーカンソー州」から「王彩樺」まで、もともとの言葉や名前・地名6548項目、それらに対応する異名・ニックネーム1万2386項目を網羅したユニークな辞典である。

 司会者の「愛川欽也」のニックネームは「キンキン」、俳優「哀川翔」は「Vシネマの帝王」、アメリカ大統領「トランプ」は「不動産王」「暴言王」と呼ばれているというあたりなら知っている人も多いだろう。だが、元プロ野球選手の「黒木知宏」の「魂のエース」やあだ名が「ジョニー」と言われたいきさつや、アイゴ科の魚「あいご」の別名に、「アイ」(愛知)、「ウミアイ」(熊本)、「イタイタ」(富山)、「オイシャ」(山口)、「シブカミ」(和歌山)など23種もあることなども載っているのだ。

「海のキュウリ」「5人目のビートルズ」「角界のディカプリオ」「森のバター」といえば何か。 読んで楽しい、クイズにも使えるおもしろ雑学満載である。(三省堂 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る