「異名・ニックネーム辞典」杉村喜光編著

公開日:

「アーカンソー州」から「王彩樺」まで、もともとの言葉や名前・地名6548項目、それらに対応する異名・ニックネーム1万2386項目を網羅したユニークな辞典である。

 司会者の「愛川欽也」のニックネームは「キンキン」、俳優「哀川翔」は「Vシネマの帝王」、アメリカ大統領「トランプ」は「不動産王」「暴言王」と呼ばれているというあたりなら知っている人も多いだろう。だが、元プロ野球選手の「黒木知宏」の「魂のエース」やあだ名が「ジョニー」と言われたいきさつや、アイゴ科の魚「あいご」の別名に、「アイ」(愛知)、「ウミアイ」(熊本)、「イタイタ」(富山)、「オイシャ」(山口)、「シブカミ」(和歌山)など23種もあることなども載っているのだ。

「海のキュウリ」「5人目のビートルズ」「角界のディカプリオ」「森のバター」といえば何か。 読んで楽しい、クイズにも使えるおもしろ雑学満載である。(三省堂 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る