• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「異名・ニックネーム辞典」杉村喜光編著

「アーカンソー州」から「王彩樺」まで、もともとの言葉や名前・地名6548項目、それらに対応する異名・ニックネーム1万2386項目を網羅したユニークな辞典である。

 司会者の「愛川欽也」のニックネームは「キンキン」、俳優「哀川翔」は「Vシネマの帝王」、アメリカ大統領「トランプ」は「不動産王」「暴言王」と呼ばれているというあたりなら知っている人も多いだろう。だが、元プロ野球選手の「黒木知宏」の「魂のエース」やあだ名が「ジョニー」と言われたいきさつや、アイゴ科の魚「あいご」の別名に、「アイ」(愛知)、「ウミアイ」(熊本)、「イタイタ」(富山)、「オイシャ」(山口)、「シブカミ」(和歌山)など23種もあることなども載っているのだ。

「海のキュウリ」「5人目のビートルズ」「角界のディカプリオ」「森のバター」といえば何か。 読んで楽しい、クイズにも使えるおもしろ雑学満載である。(三省堂 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る