「嘘と人形」岩井志麻子著

公開日: 更新日:

 私はテレビでヒョウの全身スーツを着た岩井志麻子を見るたびに姉を思い出す。芸術家になりたかった姉は生前、本間切美という名でネット上に作品を公開していた。経歴は嘘ばかり、作品は見るものを不快にさせる代物ばかりだったが、なぜかカルト的な人気があった。

 そんな姉が自宅マンションの部屋で、首を切断されて死んだ。ヒョウのぬいぐるみの首にくるまれていたそうだ。ところがこの事件は、Q国で起きた猟奇的な「ガオちゃん殺人事件」にそっくりなうえ、実は姉の部屋では過去、女性が殺されていたことを知る。

 ある日私に、見知らぬ男からノートが送られてきた。そこにつづられていたのは、姉や以前の住人の女性殺しをほのめかす“話”だった。

 社会の底辺を生きる女性の虚実入り交じる世界を描いたミステリー。(太田出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る