「嘘と人形」岩井志麻子著

公開日: 更新日:

 私はテレビでヒョウの全身スーツを着た岩井志麻子を見るたびに姉を思い出す。芸術家になりたかった姉は生前、本間切美という名でネット上に作品を公開していた。経歴は嘘ばかり、作品は見るものを不快にさせる代物ばかりだったが、なぜかカルト的な人気があった。

 そんな姉が自宅マンションの部屋で、首を切断されて死んだ。ヒョウのぬいぐるみの首にくるまれていたそうだ。ところがこの事件は、Q国で起きた猟奇的な「ガオちゃん殺人事件」にそっくりなうえ、実は姉の部屋では過去、女性が殺されていたことを知る。

 ある日私に、見知らぬ男からノートが送られてきた。そこにつづられていたのは、姉や以前の住人の女性殺しをほのめかす“話”だった。

 社会の底辺を生きる女性の虚実入り交じる世界を描いたミステリー。(太田出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る