「爺は旅で若返る」吉川潮、島敏光著

公開日: 更新日:

 50歳を過ぎて一人旅をするようになった吉川氏は、次第に旅行の手配が面倒になり、JR東日本の「大人の休日倶楽部」に入会。するとこれが大正解。お一人さま歓迎ツアーでさまざまな場所に出かけた。

 初めて申し込んだのは「東北3大桜名所花見ツアー」。運よく3カ所とも桜が満開で気をよくした氏は以来、越中おわら風の盆ツアーや京都ツアーにも参加する。そんな数々の経験から、一人旅の服装は野球帽は厳禁、カジュアル過ぎずちょっとオシャレを意識すると楽しく、また料金が安いツアーのときは、ホテルのアメニティーに期待ができないので、タオルなどは持参が吉という。

 吉川氏による「国内編」、島氏の「海外編」に分かれた構成で、自身のエピソードやシニアが楽しめる場所を紹介しつつ、代理店を使ってツアーを楽しむコツ、旅に出る際に役立つ情報などを紹介。旅に出たくなるガイド&エッセー。

(牧野出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る