「食品サンプルの誕生」野瀬泰申著

公開日: 更新日:

 日本独自の文化「食品サンプル」を論じたノンフィクション。

 記録によると、日本最初の食品サンプルは、西尾惣次郎なる人物によって大正6年に製作されたという。現在のような飲食物見本を陳列するサンプルケースの源流は、大正12年に百貨店の食堂で誕生。同時に生まれた食券制度との併用で、混雑解消と売り上げ増に貢献したという。そして昭和7年、大阪で弁当屋の店員だった岩崎瀧三氏が、事業化に乗り出し、食品サンプルは全国に広がっていく。

 そんな歴史から、海外の人から見ると奇異にも映る食品サンプルを受け入れた日本人の心理構造、そしてソウルや上海などに定着しつつある食品サンプルの現状まで言及する異色日本文化史。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る