「食品サンプルの誕生」野瀬泰申著

公開日:  更新日:

 日本独自の文化「食品サンプル」を論じたノンフィクション。

 記録によると、日本最初の食品サンプルは、西尾惣次郎なる人物によって大正6年に製作されたという。現在のような飲食物見本を陳列するサンプルケースの源流は、大正12年に百貨店の食堂で誕生。同時に生まれた食券制度との併用で、混雑解消と売り上げ増に貢献したという。そして昭和7年、大阪で弁当屋の店員だった岩崎瀧三氏が、事業化に乗り出し、食品サンプルは全国に広がっていく。

 そんな歴史から、海外の人から見ると奇異にも映る食品サンプルを受け入れた日本人の心理構造、そしてソウルや上海などに定着しつつある食品サンプルの現状まで言及する異色日本文化史。(筑摩書房 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る