「日本酒のペアリングがよくわかる本」葉石かおり監修

公開日:

 日本酒には「フルーティー(吟醸酒)」「軽快(辛口)」「旨口(山廃など)」「熟成(長期熟成系)」の4タイプがあるが、それぞれのタイプ別により、おいしく味わえる食材と調理方法を紹介したペアリング・ハンドブック。

 たとえば、フルーティータイプのお酒の代表銘柄は「獺祭」や「寫楽」。味わうグラスはワイングラスのように香りを閉じ込める大きな空間のあるものがいい。温度は5~25度。タイやタラ、鶏の胸肉、乳製品ではモッツァレラチーズやカッテージチーズがお薦めだ。

 焼き鳥に「94」(京都・玉乃光酒造)、油揚げに「鶴と油揚げ」(新潟・恩田酒造)など各蔵元がこれぞと思う食べ物にターゲットを絞って開発した11銘柄の紹介付き。

(シンコーミュージック・エンタテイメント 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る