「顔貌売人」柳井政和著

公開日:  更新日:

 プログラマーの転職を支援する人材紹介会社の女社長・安藤裕美に、友人の恵子から妹の幸子を助けてほしいと連絡が入った。幸子は大学生のとき、だまされてアダルトビデオに出演。しかし幸子は化粧の前と後ではまったくの別人になるため、卒業後は都内の銀行に勤めていた。そんな幸子の元に知人から「おまえ、AVに出てないか」とメールが届く。なんと「AV女優顔探索」というサイトが、顔認識の技術と個人情報を紐付けして、AV女優の正体を暴いていたのだ。

 裕美は一匹狼の技術者鹿敷堂桂馬を巻き込み、さっそく行動を開始。するとサイトの顔認識プログラムを開発したのは、裕美の会社の取引先だったことが判明した。

 女社長と天才ハッカーコンビが情報技術を駆使して、事件の真相に迫る傑作サイバーミステリー。(文藝春秋 1750+税円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る