「顔貌売人」柳井政和著

公開日:  更新日:

 プログラマーの転職を支援する人材紹介会社の女社長・安藤裕美に、友人の恵子から妹の幸子を助けてほしいと連絡が入った。幸子は大学生のとき、だまされてアダルトビデオに出演。しかし幸子は化粧の前と後ではまったくの別人になるため、卒業後は都内の銀行に勤めていた。そんな幸子の元に知人から「おまえ、AVに出てないか」とメールが届く。なんと「AV女優顔探索」というサイトが、顔認識の技術と個人情報を紐付けして、AV女優の正体を暴いていたのだ。

 裕美は一匹狼の技術者鹿敷堂桂馬を巻き込み、さっそく行動を開始。するとサイトの顔認識プログラムを開発したのは、裕美の会社の取引先だったことが判明した。

 女社長と天才ハッカーコンビが情報技術を駆使して、事件の真相に迫る傑作サイバーミステリー。(文藝春秋 1750+税円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る