「今こそ『資本論』」 フランシス・ウィーン著 中山元訳

公開日:

 カール・マルクスの名著「資本論」の21世紀的意義を解き明かした入門書。

 マルクスの最初の計画では、「資本論」は全6巻の構成だった。しかし、生前に刊行されたのは1巻だけで、残りの巻は残されたメモや草稿に基づいてエンゲルスらがまとめたものだという。「資本論」は経済学の書物と見られることが多いが、マルクス自身は自分を創造的な芸術家で、弁証法の詩人だと考えており、資本論の著作計画を背後で支えているのは、哲学と文学の知的な土台だそうだ。

 マルクスが「資本論」を計画、執筆するまでの背景に始まり、理解し難いと敬遠され続けてきたこの書物を、どのように読むか。そして、どのように読まれてきたかを解説する。(ポプラ社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る