「『代謝』がわかれば身体がわかる」大平万里著

公開日:

 巷で流行するダイエット法の中には、体の中で起こる代謝をイメージさせ、その効果を強調しているものも多い。

 例えば「汗をかく人は代謝がいい」「脂肪は燃焼する」などだ。しかし、これは本当なのだろうか? その疑問を解決してくれるのが本書。体の中で起きている化学反応の仕組みについて、たとえ話を使ってわかりやすく解説してくれる。著者は大学・大学院時代に微生物の低温適応や植物の核タンパク質の研究に携わった、生物・化学系のライター。とくに代謝のカギを握る多種多様な酵素の真の役割について、やさしく教えてくれるのがうれしい。イメージが優先する健康情報のウソにだまされないために読みたい一冊だ。(光文社新書 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る