「くらしの昭和史」小泉和子著

公開日:  更新日:

 戦中戦後の混乱期から抜け出し、後半には経済成長が始まった昭和30年代は、史上もっとも暮らしが充実した時代だったという。

 それまでしつけの場の意味合いが高かった食事は、ちゃぶ台を囲んで家族揃って食べるのが当たり前になり、ハンバーグやシチューが献立にも並ぶようになる。また着物、モンペから洋服へと移り、女性の生理用品も登場した。

 中でも特筆すべきは、ハイレベルな家庭看護だ。当時は入院施設が少なかったこともあり、家庭で注射器、浣腸器、吸引器などの完備はもちろん、赤痢やチフスも家庭で看護していた。

 庶民の日常の暮らしの変化を貴重な資料とともに紹介する。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る