• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「くらしの昭和史」小泉和子著

 戦中戦後の混乱期から抜け出し、後半には経済成長が始まった昭和30年代は、史上もっとも暮らしが充実した時代だったという。

 それまでしつけの場の意味合いが高かった食事は、ちゃぶ台を囲んで家族揃って食べるのが当たり前になり、ハンバーグやシチューが献立にも並ぶようになる。また着物、モンペから洋服へと移り、女性の生理用品も登場した。

 中でも特筆すべきは、ハイレベルな家庭看護だ。当時は入院施設が少なかったこともあり、家庭で注射器、浣腸器、吸引器などの完備はもちろん、赤痢やチフスも家庭で看護していた。

 庶民の日常の暮らしの変化を貴重な資料とともに紹介する。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る