「くらしの昭和史」小泉和子著

公開日:  更新日:

 戦中戦後の混乱期から抜け出し、後半には経済成長が始まった昭和30年代は、史上もっとも暮らしが充実した時代だったという。

 それまでしつけの場の意味合いが高かった食事は、ちゃぶ台を囲んで家族揃って食べるのが当たり前になり、ハンバーグやシチューが献立にも並ぶようになる。また着物、モンペから洋服へと移り、女性の生理用品も登場した。

 中でも特筆すべきは、ハイレベルな家庭看護だ。当時は入院施設が少なかったこともあり、家庭で注射器、浣腸器、吸引器などの完備はもちろん、赤痢やチフスも家庭で看護していた。

 庶民の日常の暮らしの変化を貴重な資料とともに紹介する。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る