「カリスマ解説員の楽しい星空入門」永田美絵著

公開日:

 プラネタリウムの解説員が、星座の魅力を教えてくれる入門テキスト。

 星座はおよそ5000年前にメソポタミアで生まれた。最初にできたのは、太陽の通り道=黄道上に見えている星を結んでつくられた誕生日の星座だそうだ。暦をつくるのが目的だった。やがて星座はギリシャ神話と一体になり、夜空は神話に関連する星座で埋め尽くされていった。

 春なら「北斗七星」を基点にして、うしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカがつくりだす「春の大曲線」、さらにその2つとしし座のデネボラによる「春の大三角形」と、季節ごとに星や星座の見つけ方を解説。

 それぞれの星座にまつわる神話や、プラネタリウムの裏話まで、手軽で奥深い星座の世界への招待状。

 (筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る