• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体を張って提案 トンデモ「暇つぶし」

「超 暇つぶし図鑑」ARuFa著

 常人が思いつかないような「暇つぶし」の数々を考案し、実行する人気ブログの書籍化。

 例えば、子供時代に誰もが憧れたマンガやアニメのヒーローたちの手から繰り出される「バリア」。その「バリア」を、透明な下敷きを何枚も張り合わせて作り、両面テープで手のひらにつけて再現。好きなポーズで写真を撮れば、ファンタジーの世界へ紛れ込むことができると、実演してみせる。

 その他、手芸キットやプラモデルを説明書も読まず、自らの想像力だけを頼りに作り「新しい何かを生み出して」みるとか、1食分のそばの麺の長さを1本ずつ定規で計測してみたり(結果は4973センチだったとか)と、確かに退屈な時間を忘れさせてくれそうだ。

 ちなみに測るために規則正しく並べたそばは、これまでにない最高の喉越しを味わうことができたと、暇つぶしには思わぬ余禄もついてくる。

 一方で、ただの模様替えでは気分が一新しないから、部屋に100キロもの土を敷き詰め芝生や草花を植え、壁には拡大印刷した森の写真を張り付けて、自宅に居ながら森林浴を楽しむ(所要時間6時間)、専門業者に頼み、男離れした丸みと柔らかさが自慢の自分のお尻の複製を作る(3日間)、「7つの海を股にかける」を実行すべく、7つの湾を巡り(移動距離100キロ)集めた7種類の海水を自分の股=股間にかけてみたりと。体を張り、資金もつぎ込んだ大掛かりな「暇つぶし」も含め、70余種もの提案に、驚かされるやら、呆れるやら。

 著者は、暇つぶしのコツは「当たり前のことを疑う」ことだという。確かに、その発想力とバイタリティーには脱帽する。もしかしたら、ばかばかしいと笑ってしまうような、これらの暇つぶしの中に現状を打破するヒントが見つかるかも。

 (宝島社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る