「RED」松田行正著

公開日:  更新日:

 ヒトラーは類いまれな編集者だったのではないか、と著者はいう。

「忘れられた過去の遺物を再発掘し、再編集(アレンジ)して、過去とつながっているかのように演出して見せる」「ヒトラーのスタイルにはムソリーニの影響が大きいが、再編集によってあたかもヒトラー独自のスタイルであるかのように装うことに成功した」「ヒトラーのプロパガンダという手法こそ編集の最たるものだ」

 そんな、独裁者にして希代の編集者ヒトラーのデザインの詳細と歴史的位置づけを解き明かした初めての書である。

 構成は、ファッション、デザイン、グラフィックス、イミテーション、ハーケンクロイツほか6章立て。120本以上のナチス映画と膨大な図版をもとにヒトラーの世界を解剖した意欲作。

(左右社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る