• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「RED」松田行正著

 ヒトラーは類いまれな編集者だったのではないか、と著者はいう。

「忘れられた過去の遺物を再発掘し、再編集(アレンジ)して、過去とつながっているかのように演出して見せる」「ヒトラーのスタイルにはムソリーニの影響が大きいが、再編集によってあたかもヒトラー独自のスタイルであるかのように装うことに成功した」「ヒトラーのプロパガンダという手法こそ編集の最たるものだ」

 そんな、独裁者にして希代の編集者ヒトラーのデザインの詳細と歴史的位置づけを解き明かした初めての書である。

 構成は、ファッション、デザイン、グラフィックス、イミテーション、ハーケンクロイツほか6章立て。120本以上のナチス映画と膨大な図版をもとにヒトラーの世界を解剖した意欲作。

(左右社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る